モーティヴ

いつまでもHPのトップをお正月なイラストにしておくワケにはいかないので、以前ラフ描きしてあったイラストを完成させてみる。

画像

モーティヴ ─リフュールド─(一色登希彦・著)に出てきたGP・MONOレーサー。
GP125の車体にモトクロッサーの4ST250cc単気筒エンジンを搭載ってのが一般的なのですが、コレはオリジナルフレームにホンダCRF250のエンジンを搭載してます。

入門クラスとしては速くなりすぎてハイリスクと言われるST600に変わって、MFJ主導で新たな入門クラスとして設けられたんだそうです。

環境問題で125・250の2STレーサーの供給に不安があるという一面もあるのでしょうが、ST600に較べて盛上がりに欠けるような(以下自主規制)

ストーリーは一度はレーサーとして挫折した男が自分を取り戻す為に再起動…というのがメインテーマなのですが、レースと公道の違いはあれど、キリン(東本昌平・著)の初期ストーリーのPOINT OF NO-RETURN編に近い…というか根っこの部分は同じような気がします。

そういえば同著者のマンガ「SS」が実写映像化されるみたいですね。
こっちは4輪のラリーで挫折した男のリベンジというやっぱり似たテーマなのですが、映像化にあたって「悔しがれなかった事が悔しい」という部分をはしょって、たんなるカーアクション映画になっちゃいそうな事が気掛かりです。

でも、まあソレはソレで面白そうではありますが。(←マテ)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック