功殻機動隊1.5とダイエット本

暖かくなってきた為、
あまり気構えずにバイクに乗れるようになったのがちょっとうれしい。
で、いつもの哨戒ルートの帰りに書店に寄り道。
店内散策しつつ気になった本を2册購入。

功殻機動隊1.5/士郎正宗
以前書店で見かけた時はCD-ROM付きで割高な気がしてスルーしましたが、今回そーいう付録が付いてなかったので購入。
(MacだとCDデータの読み込みに制限があったりしますから)

功殻機動隊2は少佐(草薙素子)の単独活動のストーリーだったので、正直「1」との繋がりが希薄だったのですが、この「1.5」はその間を埋めるカタチのお話です。

あいかわらず一度読んだだけではすべてを理解するのは難しいほどの情報量。
当然公安9課のメンバーのバトーやトグサ、荒巻課長などが登場してきて、最近は美少女絵師(?)としてしか活動していないと思われる士郎正宗氏の本としては、例外的に男臭い。(爆)
トグサ君の愛用銃がマテバでなくなってしまったのは少し残念。
(原作コミックの方では、1の途中で少佐に言われて持ち替えているんですけどね。)

画像

↑は以前自分のHP用に描いたイラスト。
ちょうど功殻機動隊のアニメが放送されていた頃だったので、
銃の解説用としてかあちこちからリンクを貼られておりました。(笑)


いつまでもデブと思うなよ/岡田斗司夫
これも以前スルーしちゃった本なんですが、今さらながらに購入。

ダイエットといえば苦しいモノという既成概念を覆すというか、岡田氏らしい非常に論理的な「レコーディング・ダイエット」という方法で、一年で50キロの減量に成功したノウハウ本。
ビリー等の体育会系ダイエットに対しての文科系ダイエットというか、無理な運動や過剰な食事制限をせずに減量できるというのは画期的かも?

モノ書きなど日常的にメモをとる癖が付いていれば楽ですが、そーゆー癖の付いていない人だと、食べたモノをいちいち細かくメモ書き…というのが続けられるかがカギですが、その「面倒くさい」気持ちが摂取量の制限にも繋がるワケですからねぇ。

私自身は去年の夏あたりから満腹状態を苦痛に感じて食事量が減ったせいか、体重が下降線にあるので読んでて「なるほど!」と思う事も多かったり。

(私の場合、満腹状態でバイクに乗ると気持ち悪くなったりするので、ツーリング中は水分と最小限の食事ですませる事も多く、ロングだとテキメンに体重が減ります。思えば今年の夏のツーリング以来食事量が減った気がするなぁ。)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヨシカ
2008年03月17日 00:15
筆不精のわたしにはむりなダイエット法
ひたすら食ったものメモなんて㍉
Norio
2008年03月17日 20:48
ヨシカさん>
確かに日常的にメモを取る習慣が無いと、後回しにして結局メモを取り忘れ…なんて事になりそうですね。

この記事へのトラックバック