S.drive

画像

愛機ロドスタ号のタイヤがスリック状態になってしまったので
本日は休日だったのですが、職場に顔を出してタイヤ交換。

愛機ロドスタ号が以前RAYS14インチに履いていた頃に
「もうそろそろタイヤも寿命かな?」
と思っていたら、都合良く廃車になるクルマにBBS15インチ&まだまだ使えるタイヤが付いていたのでソレに交換。
でもさすがにそれも寿命がきました。(苦笑)

本来ブリジストン派だったのですが、以前mixiの日記で
「ポテンザG3に相当するタイヤがラインナップから消滅した~!」
とぼやいたら、
「それだったらヨコハマのS.driveがイイよ。」
と、ある方に教わったのでソレをセレクト。
さすがにNEWタイヤはコーナー出口でトラクションを掛けやすい。

帰りにちょっと本屋さんに寄り道したら、
孤独のグルメ(新装版)原作・久住昌之×作画・谷口ジローを発見。

画像

マンガ誌やらネットやらで断片的に見たりして、
「コレはまとめて読みたいナ」と思っていたので購入。

いや、なんとゆーかただメシを食っているだけなのに
やっぱりゴローちゃんはかっこいいわぁ。(爆)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

杉村徹
2008年07月06日 02:51
私もソレ読みたいですー。ちうか近隣で見つからない……。谷口ジローつーと、マトモに読んだのは刑事モノ劇画「無防備都市」上下巻くらいしか。(汗)プロフィールの「蚊取り線香の密輸で財を成し」って(^^;)。
 
ウチの“あるはタン”145は目下、OZ16インチにF:ミシュラン・プレセダ/R:ピレリ・ドラゴンですが、205/45とゆーサイズでは滅多に特価にならない、というかそもそも店頭在庫が無いのが(--;)。……全部プレセダに換えたいナァ。(嘆)
WAO
2008年07月06日 20:16
今年車検なゲタ車に
スタッドレス履かせっぱなしにしてたのを
思い出しました(マテ

しかし買い替え予定なので放置プレイで
お願いします(笑)
・・やっぱATじゃなくMT乗りたい訳ヨ

しかし今のタイヤの扁平率は薄すぎですヨ
フツーに15インチの55って一体・・
60認可されてスゲー とか言ってた頃が
懐かしいものです。
Norio
2008年07月06日 22:42
杉村徹さん>
私の行った書店だと平積みされていたから、発行部数は多めだと思ったのですが…これは書店員の趣味だったのかも?

つか、
読みたいとゆー気持ちがあれば買える
そんな本なん(ry

WAOさん>
買い替え予定とゆーと、もしかしてWAOサンの次の「竜」はもう決まっているとか?

>扁平タイヤ
今じゃあ軽自動車にも純正で16インチを履く時代ですからねぇ。

なんてこったい!マシンの進歩がこんなにも早いとは…
(実際には新しいのは見てくれだけで、足廻りとかはたいして進歩しちゃいないのですが・苦笑)
杉村徹
2008年07月07日 21:18
田舎ですからねぇ……。住んでるのは市の中心部(県庁まで徒歩15分弱、か?)なんですが、コミック専門店と言えるのが「アニメイト」くらいしかないので。
つーか、静岡帰るとその都会っぷりにクラクラクラクラ。

なまじ「いつでも買える」と思うとズルズル買わずじまいになったり……文庫版で再刊行中の「ワイルド7」(発掘された、今まで未収録の扉絵まで収録)とかも。

うちの145QVは17インチまで入る(215/40で)ですが、ノーマルグレードで14インチ(QVで15)ってのを考えるとなー、と16インチに。
……車高調まではいらんからKONIに換えたいなー。新品のFロアアームはもう用意してあるし、車検前には…あうあう。
Norio
2008年07月07日 23:47
杉村徹さん>
「孤独のグルメ(新装版)」は一般書籍扱いなので、コミック専門店よりもフツーの本屋さんの方が入手しやすいかも?

つか、私はコミック専門店とやらにはほとんど行った事が無いのですが。(苦笑)
面白い本はないかな?と店内散策しつつ立ち読みがメインな私にとってアレほど腹立つ店も無い。(←マテ)
hisa
2008年07月17日 21:11
お久しぶりです!
Sドライブはなかなかお勧めかとおもいますよ!
グリップ力はそこそこですが、ロードノイズが少なく減りが意外と遅いので(乗り方にもよると思いますが…)長持ちです。
見た目の好みはそれぞれだと思いますが(笑)
Norio
2008年07月18日 21:04
hisaさん>
競技用ならともかく、公道用としては限界性能の高さよりもコントロール性が重要だと思ってのチョイスです。

グリップ性能に関してもゴムの粘着力に頼りきりってのより、サスペンションにキチンと仕事をさせて確実にタイヤを路面に接地させた方がはるかに安全で楽しいと思うのです。

この記事へのトラックバック