キャリーガン

APSカップ本大会まであと少しという事もあって、静岡チームは日曜日の朝からいつものお山のシューティングレンジで最後の猛練習(?)でした。
私は今回も不参加なのですが、とりあえず練習にまぜさせていただいてガスガンなんぞをパンパンと。

とはいえ先の非公式練習会で使ったマルゼン・ワルサーPPK/Sのスライド内側のシリンダーストッパーの突起が割れてしまい使用不能の状態に…。(泣)

まあ以前からチェックする度に変型が激しくなってきてはいたので気にはなっていたのですが、この暑さでBLKガス圧が上がって一気に破断しちゃったみたいです。
突起部分を接着して修理する事も可能ですが、生半可な接着ではまたまた破損してしまう事は必須。

で、なんかイイ方法を思いつくまでPPK/Sはとりあえず放置する事にして、
キャリーガンの座から退役させたはずのマルイ・G26を再度持出す事に。

画像

まあ、キャリーガンとはいっても実際持ち歩くワケではなく、
エアガンで遊ぶ時に腰にぶら下げておく銃…という意味なのですが。(笑)

腰にぶら下げておくだけってのもナンなので、とりあえず練習用のターゲットを撃ってみると、練習用に持ってきたはずのマルイM1911A1よりもよく当たる(気がする・笑)

ガバのグリップアングルは理想的とよく言われますが、それゆえにしっかり握りこめるので変に力が入ってしまうみたい。逆にグロックのグリップアングルだとイイ塩梅で力が抜けてガク引きが防止できたり。(←コレは私の場合ですが・苦笑)

10メーター先の3センチ角シルエットターゲットを真剣に狙う気にさせるBLKガスガンとしては、私にとって未だにコレを超える銃は無い気がする。

設計が新しいハイキャパ系やSIGも一時期所持してけっこう撃ちこんだつもりですが、これらがG26を確実に超えた…と言い切れないのは私の感覚がG26に合っているというだけじゃなくて、このずんぐりとした銃のガス放出量とタイミング、チャンバー形状やバレル長がたまたま絶妙にバランスしているがゆえ…という気さえしてきます。

画像

日が高くなってくるとさすがに暑いので↑に持ち替えたくなったりしますが。(爆)

まあコレも
http://459factory.at.webry.info/200807/article_5.html
↑先日の「夏の絵」の副産物とゆーか、

http://459factory.at.webry.info/200805/article_8.html
↑プリヴェKENZOアセット・紫電のラフ改造絵とゆーか。(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

神雅紀
2008年07月30日 01:02
ハイキャパもSIGも中身の基本設計は同じですからねぇ。
そのためG26のような「おぉっ!」感はどうしても薄くなります。
また、グリップに関しては個人差がモロに響く部分なので自分の手と相談して決まりますからねぇ。
ちなみに小生はMGCのCz75に純正木グリの組み合わせが一番しっくりきました。
KSC用の木グリはフレームとの一体感でちょっとあいません。
Pickles
2008年07月30日 08:24
僕は指が短いので教則どおりに握るとPPKクラスより大きくなると指が引鉄に届きません・・・(T▽T)
Norio
2008年07月30日 20:12
神雅紀さん>
基本設計は同じでもバレル長とかサイトとか有利な部分があると思ったので、期待していたんですけどねぇ。ハイキャパ&SIG。(苦笑)

G26は造ってみたらたまたま命中精度が良い銃ができちゃった、という気がしないでも…(←マテ)

グリップは直接触れる部分ゆえ、個人の好みというヤツがモロに出ますね。

カタチはものすごく好きなんだけど握ってみるとイマイチしっくりこなかったり、またその逆もしかり…。

Picklesさん>
人指し指と親指の間の又の部分をグリップ背面の中心に置いてそこから位置を決めていくと、どうしても手に合わない部分が出てきますよネ。
まあその辺は臨機応変に行きましょう。(笑)
Roots
2008年09月14日 03:44
今晩は、初コメントです

暫く前にGoogleの検索で引っ掛かりまして、ちょくちょく覗きに来ておりました。イラストがとても上手ですね(^^


キャリーガン…一丁は所持したいですね、小さいのはSTIのFalconくらいしか所持してないものでして…
STIじゃ大きいですよね(^^;
Norio
2008年09月14日 22:51
Rootsさん>
はじめまして。
不定期更新ののんびりとしたブログですが、ゆっくり見ていって下さいませ。

小さいピストルはなんとゆーか模型的な魅力があるのでお勧めですヨ。

この記事へのトラックバック