タニコバ・GM7

画像

GUN友達のH氏が各方面からの依頼でタニオ・コバのGM7の耐久テストをやるというので、朝からそのお手伝いに参加。

いつもの屋外射撃場(?)に着くと、H氏がGM7にマグ4本、カート60発にMGキャップ6箱持って待ち構えておりました。(笑)

画像

興味深々で見せてもらったタニオ・コバのGM7は、マルイのガスBLKガバをモデルガン化してタクティカル風カスタムを施した感じ。
まあマルイのガバはタニオ・コバの設計であるからして、設計上の互換性はあってしかるべきなんでしょう。

数分後、これまた「お手伝い要員」として駆り出されたウニさんとE氏が到着、少し遅れてS氏が到着したのでテスト開始。
タニコバ・GM7の枝豆色(?)のプラスチック製カートに4人の流れ作業で火薬を詰め始める。
このカートは使い捨てを前提としている為とてもシンプルな構造で、いわゆるオープンデトネーター方式。
で、どこで燃焼ガスのシールをするのかというと、デトネーターの方にOリングが付いていて、そこでシールされる構造になっています。

最初は調子良かったのですが、さすがにチャンバーが汚れてくると発火後のキャップがデトネーターに貼付いて装弾不良のジャムが増えてくる。
100発あたりを過ぎた頃からスライド後退量不足からくるジャムも起き始めたので、デトネーターのOリング交換とチャンバー清掃。(カートの方は一回発火させるごとに水洗いしてキャップ火薬を再装填)

Oリングを交換すると発火ガスのシール性が回復する為、ブローバックのキックがもとどおり強くなる。
さらにテストを続行。やはりデトネーターのOリングは100発ぐらいで寿命が来る様です。
閉鎖式カートではカートひとつづつに付いていたガスシール用のOリングを、デトネーター側一個にまとめたワケだから消耗も激しいワケで、逆にいえば100発ももったというべきなのかな。
(まあ、この辺は消耗品として考えれば無問題。)

その後キャップの貼付きは減少する代わりに、チャンバーの汚れによる装弾不良のジャムが増加。
連続して発火させる際には50~100発ごとにチャンバーのクリーニングが必須の様です。
(つか、そんだけ連続して発火させる人はそうはいないと思いますが。)

カートの方は使い捨てといえどかなりの耐久性があり、500発のテストで数回くりかえし使用したにもかかわらず、リムの変型は皆無でまだまだ使えそうな感じ。

画像

枝豆色とゆーか、ザルにあげたぶつ切りネギのよーな物体がGM7のカートです。(笑)

発火→カート清掃→火薬再装填を500発もくりかえすと、さすがに「お腹いっぱい」って感じで、まだまだ撃ち足りなそうなH氏を尻目に、お手伝い要員から「もうやめようよ~」と泣きが入る。(笑)
そんなこんなで500発の耐久テストは無事終了。

モデルガン本体の方はテスト中ほぼノーメンテにもかかわらずほとんど異常無し。
(H氏によると空作動などの初期のアタリもとらずにぶっつけ本番との事)
そこら辺は、さすが作動性重視のタニオコバ設計という所でしょうか。

ちょっとお高い気がしないでもないですが、発火派のモデルガンファンにはうってつけの一挺だと思います。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス
かわいい

この記事へのコメント

ウニ
2009年04月06日 00:05
お疲れ様でした。
もう今年は発火はいいや、と思わせる程の
負荷でした。
7発ジャム無しで発火してホールドオープンが
3回程あったけど、さすがに気持ち良かったね。
あれだけ撃って銃本体に異常が無いって凄いと
思うよ。あの銃の素材ってかなり強いね。
モデルガンを発火してバレルが熱くなるって
初めてだね。疲れたけど高価な銃をあれだけ
撃てたのはいい経験だったと思います。
杉村徹
2009年04月06日 20:56
♪何かありそうなモデルガン 
 ♪何かありそうなGM7
……私も欲しいです。個人的にはスプリングフィールド以外で欲しいですが、無理だろうなぁ。

このカートとデトネーターでハドソンのグリスガンが作動しないかひら? と夢想したり。
ちうか、是非タニオコバでMGCイングラム対応のデトネーターや.380サイズの樹脂カートを出して欲しいにゃー、と。
http://www.youtube.com/watch?v=
OA-13gGTgks
こんなカンジでバリバリ撃てたらなぁ……。イングラム(旧デトをCP換装)にしてもマルシンMP40にしても、撃ってて楽しいけどカートの準備が(--;)
 
ところで、GM7つーと「それ、デルタエリートじゃないんですか?」と、いらん突っ込みを入れたくなるのは私だけでしょうか。(確かGM6~8が固定ガスで、GM9がGM5・HWのゴールドカップだった記憶が)
Norio
2009年04月06日 21:33
ウニさん>
写真提供ありがとうございました。

ホント、最初の方は楽しんで準備&射撃する余裕があったけど、最後の方は事務的な作業って感じで黙々と…。
オープンデト方式なので、CPやPFCに較べてカート清掃&火薬再装填が楽だったのがせめてもの救いでしたね。

それにしてもタフだったのは、タニコバGM7とそのオーナーのH氏。(笑)
周りが泣きをいれなきゃ、そのままテスト続行しそうな勢いでしたもん。(爆)

とにかくお疲れさまでした。

Norio
2009年04月06日 21:34
杉村徹さん>
見た目はマルイのガスBLKガバみたいな感じなんですけど、その作動性・耐久性そしてカートの手入れを含めた手入れのしやすさからちょっと欲しくなりました。
でも個人的にはこういうタクティカル系ガバよりも、もっと「素」に近いガバの方が好みだったり。
(あとお値段ももちっと安くなってくれればうれしいかな~と・笑)

ガスガンのウイルソンLEがGM6、その後GM7、GM8と次々にナンバーが付けられて、最後には何が何だかな状態になっていましたね。MGCのガバ。
タニコバさんも、その辺を一度リセットしたかったんじゃないでしょうか。
Pickles
2009年04月06日 23:05
タニオさんだからもっと低価格で出ると思ってたのにな~。
とゆうのは身勝手なんですが(^^;)
特殊な材質使ってるとかあるんですかね~。
個人的にはM1911A1待ち、ではあるんですが、せめて2マソ切ってほしいなあ・・・(爆
Norio
2009年04月07日 20:18
Picklesさん>
マルイのガスガンのガワを使ってお手軽価格でってコトだと思っていたのですが、ガスガンベースだと改造対策が大変らしく、思ったほどコストダウンできなかったみたい。

でも今時2マソ切るのはかなり難しいハズ。
2.5~3マソまでならなんとか…ならないかな?(笑)

M1911A1はガバの基本っスよね!
次点でシリーズ70/80のコマーシャル・ガバかなぁ。
メーカーお仕着せのカスタムは邪道、自分でパーツを買って取り付けてこそ本当のカスタムだ!

と思ってしまうのは、私の頭が古いせいなのだろか?
杉村徹
2009年04月07日 21:43
GM6~8を“GM6系”としてくくっちゃえ、という事でもあるのかな?
M1911A1も勿論欲しいですが、デトニクス……無理かなあ。
 
個人的に欲しいガバというと……すっぴんで1丁選べといわれたら“SW1911”なんですが(^^;)。
S70はGM5の印象(=カスタムベース)が強いのですが…いやそれでも「あいつがトラブル」の沖田ガバ(G誌90年2月)みたく“キレイなツルシ”も悪くないと思えるようになったり。

カスタム云々だと……理想はベイシティ・マギーなんですが、ボブチャウIIの5inバレル仕様(スリーピー!)とかも。
 
いやしかし、カスタムベースとしてホントにABS製のキットとか欲しいなあと切実に。(あえて無刻印とか)
Pickles
2009年04月10日 21:27
ABSキットは僕も切望です。
イジリたくても今のは高価すぎて・・・(;^ω^)

と言っても好みで言うとS70のコンバットコマンダーにパートリッジFサイト+ボーマーをローマウント、アンビで無いロングコントロールレバー(黒)、ビーバーテール、ダイヤチェッカーのローズウッドパネル・・・地味?(笑
AFPBは要らないぞ~!
Norio
2009年04月11日 20:22
杉村徹さん>
Picklesさん>
キットモデルを低価格でというのには激しく同意。

ただ今回の耐久テストで見せてもらったGM7の高い耐久性は、その新素材によるトコロが大きいみたいなんで、ABS樹脂製にして価格とともに耐久性をスポイルしちゃうと「ガンガン発火させて楽しむモデルガン」としてのオイシイトコロが無くなっちゃうかも?

個人的にはミリタリーでもコマーシャルでもどっちでもいいから「素」の状態で買って、後は気分次第で…ってトコです。
(手元に残っているガバ系のトイガンはみんなこんな感じだったり・笑)

ウィルソンLE系のメカを採用したヤツはひとくくりでイイですが、その後のCP-HWやリアルサイズカートのモデルガン、そしてMGCグロックみたいなBLKエンジンをつかったガスBLK、そのモデルチェンジ版のマグナっぽいヤツまでひとくくりってのは無理があるような。
(確か12だか13まで行っていた気が…苦笑)

この記事へのトラックバック