信じられないけど…

画像


<訃報>忌野清志郎さん58歳=ロック歌手 がん治療続け

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090502-00000100-mai-soci

「ベイベー!」や「愛し合ってるかーい!」などの決めぜりふ、奇抜な衣装と演出で知られるロック歌手、忌野清志郎(いまわの・きよしろう、本名・栗原清志=くりはら・きよし)さんが2日、がん性リンパ管症のため死去した。58歳だった。


高校生の頃から大好きだったキヨシロー。
当時からイラストのモチーフにRCの曲のフレーズを引用したり、
彼に影響されて「反・原発」してみたり…。

ガンとの闘病生活のあたりから覚悟はしていたけど、
こうなるとやっぱり喪失感から何の言葉も出てこないや。

謹んでご冥福をお祈りします。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Pickles
2009年05月03日 19:12
中学生の頃、ツッパリ君たちが「こんな夜に、発車できないなんて~♪」と歌ってるのを聞いて”ヤンキー用”音楽と思い込み、聴きもせずに嫌ってました。
でも社会人になってからタマに聴くと、イイんですよね~。
『忌野清志郎&ニーサンズ』のライブに行って、エフェクター無しの本当のオーバードライブの大音響に終演後30分も耳鳴りが消えなかったのが懐かしいです。

また昭和が1つ消えました。
謹んでご冥福をお祈りします。

Norio
2009年05月03日 22:42
Picklesさん>
「でもよォ、昼間のパパは~ちょっとちが~う~♪」

私のバアイ、YMO→いけないルージュ・マジック→忌野清志郎という道程だったので、そういう感覚は無かったですね。
(当時からバイク&クルマが大好きだったんで、そのテの友人達と話が合う事も多かったし。)

RCの曲はカセットテープが擦り切れるほど聴きました。
今でもクルマの中には、なにかしら一本RCのCDが置いてあったりします。
しばらくはドライビングBGMはRCサクセションの曲が、ヘビーローテーションしそうです。
ヨシカ
2009年05月04日 08:04
パパの歌が好きでした
Norio
2009年05月04日 23:18
ヨシカさん>
パパの歌みたいな歌を歌ったり、かといえばタイマーズのゼリーとして世間に「毒」を撒いてみたり。
キヨシローさんは、ホントに子供みたいに自由な心の持ち主だったんだろうなぁ…。

この記事へのトラックバック