バイクの事。

現在の愛機であるHONDA VTR250。
買った当初は「飽きるじゃないかナ?」とも思っていたのですが、飽きるどころか乗れば乗るほどお気に入り。(笑)

デザインもさることながら、その軽く素直な操縦性でコーナリングが面白くてしかたない。
エンジン特性も素直で、そーゆー場所では中速から一万回転あたりのトルクの立ち上がりが心地よい。
(日常的にぶん回す事に抵抗がない私は余裕のトルクよりもめいっぱい回して使う方が好みだし、もともと高回転型で頑丈さには定評あるVTエンジン、容赦なくぶん回した方が良さげです。)

まあ、人の好みはそれぞれだし
「こういう優等生的なバイクはつまらない。」
「ジャジャ馬的な手応えがあった方が…」
という人の意見も理解できますし、自分も過去そう思っていた時期もありました。

確かに街乗りやツーリング、普通に使うだけだと乗り味が希薄だとか感じる部分もあります。
(もちろん打てば響くし、入力操作に対してのフィードバックもキチンとある。ただそのバイク固有の自己主張とかは控えめ。どんな時もライダーが主でバイクが従という関係でやはり優等生的と言えます。)

しかし扱いやすさを武器に、さらにもう一歩追い込んで行く楽しみ、そしてそれに答えてくれる奥深さを知ってしまうともうやみつきなワケです。

バイク便などで使用されている事が多いので、街乗り等の実用性ばかりクローズアップされがちですが、実は中低速コーナーの多い日本国内の峠道こそ、このバイクの本分という気さえしてきます。
(特に2型まではライディングポジションの関係でその傾向が強い。)

もちろん弱点もあってワインディングでの軽快な操縦性は超高速域での安定性とトレードオフ、250ccのキャパゆえにその部分を切り捨てているフシも感じます。
でも、その大排気量車並みとか変な背伸びをしない「割り切り」があるからこそ、250ccバイクとしての魅力が強調されているのかも?


で、そのVTRですが、少し前に交換したオーリンズ・リアショックの恩恵でリアタイヤの接地感がつかみやすくなったおかげか、いつもの定期哨戒コースでのコーナリングスピードが上がり、時々バンクセンサーが接地するようになりました。

で、ステップ下のバンクセンサーを外せばもうちょっと倒しこめるかな?と外してみたら、今度はライディングシューズの小指のトコが接地…。(苦笑)

このあたりが限界と見るべきか、それともレーシングタイプのバックステップを付けてさらにバンク角を稼ぐべきか。う~む。

ただ、このテのバックステップだとタンデムステップが付かないから、乗車定員が変わってしまう。
いくら車検の無い250と言えども、立場上コレで通勤するのはマズい気もするし、いっその事レーシングタイプのシングルシートを付けて乗車定員数を変更して…(ry

そーするとゲルコート白色のままでは…とゆーコトで、カラーリングの変更の必要性も。

画像

以前描いたイラスト。
80年代のホンダ市販レーサー・RS250のイメージで塗ったつもりが、どことなくヤマハっぽい。(笑)

ヤマハっぽいと言えばこんなのもアリかな?

画像

白をベースにパステルグリーンの、いわゆる初音ミクカラー。(爆)
ベースの白をグレーに変えて、補色的に黒を入れればもっとらしくなるかも?
(でも後方排気TZRにこんな色があった様な記憶が…笑)

まあ普段乗る事を考慮すれば、ノーマルステップ・ノーマルシートのまま色だけ変更というのもアリかな…と。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Pickles
2010年11月02日 21:49
僕もシェルパを買ったときは同じように心配し、今は同じように楽しいです。
一見おとなしい微笑み系(ナンダソレ)のバイクのが実はムチ入れてみるとヤンチャ系と大差無いポテンシャルを隠し持ってたりして、しかし表のノンキ顔で日常はダラッと使える鷹揚さも持ち合わせていて、オジサン化が進む僕にはちょうど良いですね(^^)

たださすがに8~9割域の高回転を維持したままの高速巡航は、僕は心理的に避けてしまいますが・・・(^ω^;)

不思議なのはDaxで、フルノーマルの時は1万回転付近に近づくと頭打ち感が強く、回り方自体に嫌なノイズが混じっている様な感じがしたんですが、ボアアップ以降はその回転での巡航が苦では無くなってしまいました。
そこから上に更に回せる感じはしないんですが、その臨界とも言えそうな域で平気で回し続けられそうな雰囲気っていうのは他で感じた事がありません。
幸運にもバランスが取れたという事なんでしょうけれど、お話を伺ってコレはホンダのエンジンの素性が持ってるポテンシャルなのかなと。

しかしバンクセンサーが接地するとはおみそれしました。
僕はそんな経験無いですよ、勢い余ってクラッチレバーが接地する事はよくありましたが・・・(;^ω^)ゝ 
Norio
2010年11月03日 18:00
Picklesさん>
やっぱりバイクってカタチやスペックよりも相性ってヤツが重要なんですヨ。

経験上普段高回転まで回しているエンジンは、やっぱりそれなりに回るエンジンになっていくみたいです。

以前の愛機だったTW号も、本来高回転型のエンジンじゃ無かったはずなのに、いつのまにか連続高回転維持も苦にしない元気なエンジンになっていましたし。
(この辺は乗り手の受け取り方次第かもしれませんが。)

VTエンジンはRZに対抗するカタチで開発されたので「2stの倍ぶん回せ!」というオヤジさんの言葉どおりなエンジンでした。
特に初期型は天井知らずの高回転っぷりで、レッドゾーンを超えてぶん回したユーザーがバルブ廻りを壊してしまう事件が続出した為、エンジンを強化してレブリミッター装着されたという事がありました。

バンクセンサー接地は高速フルバンクとかじゃなくて、ブラインドでタイトな左コーナーで、対向車を警戒してインベタのラインに変更した時にガリガリッと。(笑)
コーナリング中のライン変更が容易にできる様になったせいかも知れませんが。
Norio
2010年11月03日 18:02
funaさん>
そっちは未見でしたが、まさにそうですね。
(白に赤ラインとゆーと、どうしてもヤマハTZの刷り込みが大きいもんで…)

そーするとやっぱり赤ラインの方向は無しで、初音グリーンのセンが濃厚に。(←マテ)
はなこ
2012年03月19日 08:14
こんにちは。当方、某自動車学校のIT推進室鈴木と申します。突然のご連絡失礼致します。このイラストを大変気に入っています。当方自動車学校の二輪教習チラシに使用させていただきたくご連絡致しました。ぜひ、ご検討をよろしくお願いいたします。回答をお待ちしております。
Norio
2012年05月03日 23:17
はなこさん>
お返事遅れてごめんなさい。
イラスト使用の件はオッケーです。
はなこ
2012年05月27日 19:49
Norio様、OKのご連絡本当にありがとうございます。感謝致します。また、当方からご連絡遅くなり申し訳ございませんでした。今後ともイラスト使用の件、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

この記事へのトラックバック