ミク勝った

日曜日にスーパーGT観戦で富士スピードウェイまで行ってきました。

富士ではここをホームコースとするレクサス勢が速いのですが、
本戦となると戦略やチーム総合力で
ニッサン陣営が強さを発揮したり、
今まで富士を苦手としてきたHSVも
それを克服するべく開発が進んでいます。

300の方はプリウスやCR-Zなどのハイブリッド車が
富士との相性が良いのですが、
前回の鈴鹿で驚異的な速さを見せたスバルBRZが
富士でもその実力を発揮しそうだし、
ウェットコンデションとなればトラクションコントロールや
ABSが装備されているFIA-GTマシンが有利。

当日の天候はあいにくの雨で朝のフリー走行時は
水煙が立ち上がる完全ウェットの路面状態。
しかし昼ごろには日もさしてきてスタート前には
完全にドライのコンデションまで回復。

スタート後何も波乱なく進行していたレースですが、
ちょうど1/3あたりでエプソンHSVがストレートで
タイヤバースト→クラッシュ!

去年の第3戦でのポルシェの事が頭をよぎりますが
ドライバーの道上選手が無事だったので一安心。

ただコース上に破損したパーツが散乱している為
ペースカーが入る。

ドライバーの最低周回数を満たすこのタイミングで
各チームともルーティンのピットインと思いきや、
意表を付く作戦に定評ある近藤監督がまたしても博打を打って、
コンドーレーシングだけがステイアウト。
 
そうこの日の天気は下り坂で、この後雨が降り出して
路面がウェットとなれば、
他チームはタイヤ交換の為もう一度ピットイン。
そのタイミングでドライバー交代などと一緒にタイヤ交換すれば
コンドーレーシングだけは一度のピットインですむ為、
俄然有利なレース展開となるのだ。

レースも半分を過ぎたあたりで近藤監督の願いが通じたのか
空から大粒の雨が降り出してきました。
が、しかしその雨も長くは続かず、路面はドライとはいえないが
レインタイヤに履き替えるまではいかないという微妙な状態。
近藤監督の策略は不発に終わる。

逆にピットインのタイミングが絶妙に決まったのは初音ミクBMW。
GT300はこのタイミングでピットインすると
後半でマシン的に苦しくなるチームもある為、
ピットインするチームとステイアウトするチームに分かれたのですが、
ミク号はいち早くピットインして一番でピットアウト。

後はパワーは劣るが燃費の良いミク号と
マネジメント能力に長けた谷口選手の組み合わせで
ステイしたチームがピットインを済ませたあたりで一躍トップに浮上。
難しい路面状況の中、谷口選手&ミク号は後続をぐんぐん引き離し
2位に大差を付けてトップチェッカー!

前回の鈴鹿では2位でゴールするも
レース後の車検で規定違反→順位剥奪の悔しい思いをしただけに、
喜びをひとしおだったはず。

500の方はピットインの混雑で一度は順位を落としたけど、
終始レースをリードしていたZENT CERUMO SC430が
ポール to ウィン。

画像

↑少し前に描いたセパン仕様のレーシング・ミク。

画像

↑こっちは今年のSUPER GTオフィシャルテーマソングを歌う
ボーカロイド第3世代の「IA」

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック