荒野に散ったコンバットマグナム

昨日注文した荷物が届きました。

東京マルイのS&W・M19の6inchです。
さっそく開けてみると、ワインレッドの内装材に包まれた
スチールブルーに鈍く光るリボルバーが。

以前のM19は塗装仕上げだった記憶があるのですが、
今度のは青みがかったメタルブラックを
素材の色で出してるみたい。

少々安っぽい気もしますが、
ガンガン使うぶんには塗装のはげを気にしなくてすむので、
個人的には大歓迎です。

質感としては電動ガンやガスブロよりも
エアコッキングシリーズに近い…かな?

さっそく家の廊下に約5メーターの即席試射レンジを作る。
ガスと弾を装填…あれ?以前のガスリボルバーは
BBローダーが付属してきたと思ったんだけど、
今回のは無し。
しかたないので手でプチプチと。(笑)

さっそく試射してみると空撃ちでは問題なかったのに、
トリガーの引き切りがとにかく重い!
(最初はセフティを外し忘れたかと思ったぐらい。)

原因はシリンダーの給弾システムにある様です。
今度のガスリボルバーはノズルがシリンダーを押す際に、
BB弾をバレルの方まで送り出すようになっていて、
これが高い命中精度の秘密なのですが、
その動作を引き切りの最後で行う為に
重くなってしまっている様です。

まあしばらく使っていれば
多少なじんで良くなる可能性もあるし、
実際シングルアクション時は問題無いレベルまで
引きが軽くなりました。

さて肝心の命中精度は、
同社ガスブロのM9A1に勝るとも劣らないレベル!
トリガープルの問題さえなければ上回る…かも?

初速は低めです。
同社のエアーコッキングガンよりも遅いかも?
(正確にテストしたわけじゃないのですが、段ボールのへこみ具合から推測。)

ガスリボルバーもここまで当たるようになったかと
感慨にふけりつつ、
トリガープルはもうちょっとなんとかならなかったのかなぁ~と。

S&Wリボルバーの美点のひとつである
トリガープルがあれでは…ねえ。

正直もうちょっと金額をプラスして
コクサイのKフレームのモデルガンでも…
と思わなくはないですが、
しばらく使い込んで軽くなってくる事に期待しましょう。

画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

Pickles
2015年11月08日 12:21
初期生産分のパイソンを知人から譲ってもらってしばらく所有してました。
現行品は初速が10歳以上用コッキングと同レベルらしいですね。
社外品の単発カートに替えると多少上がるそうです。

本当に5m先の500円玉に割と簡単に当てられたのには驚きました。
使用感が好みでなかったので売ってしまいましたが、弾を当てる能力は別格ですね~~~。

色はモデルガン用の塗料を試してみるのも良いかも。
各社それぞれ色味が違いますが、いや~、愛着増しますわ、中学生の頃あこがれてたあの蒼さがこの手に…(*´ω`*)
Norio
2015年11月08日 14:46
Picklesさん>
外観の仕上げはこれで充分なんですが、なにせDAのトリガープルが…。

形が同じなだけに、慣れ親しんだコクサイのモデルガンと比べてしまうという事もあるし、少し前に買ったタナカS&W・M442のトリガーが、DAオンリーながらすばらしいフィーリングだったという事があるのかも?

どんな物でもなんてゆーか使用感が悪いと、いくら高性能でも使わなくなっちゃう事が多いので、このM19もそうなるんじゃないかという懸念がありますネ。
神 雅紀
2015年11月08日 21:57
ウチの2.5inはそこまで重くないんですけど……個体差かなぁ
#MGCの固定スライドガスガンに近いフィーリングでした
初速は55m/s(約0.3J)くらいなので10禁よりやや高いです。

メンテの時にシリンダーとダミーカート底部のすき間にシリコンオイルを少量スプレーしてやると少しは軽くなりますよ。
Norio
2015年11月08日 23:10
神雅紀さん>
引き切りが重いとは聞いていたのですが、あれほどとは…。(苦笑)
ショップで試射したら買わなかったレベルです。

まあ多少撃ちこんでSAは使えるレベルになりましたが、DAはえいやっ!と引き切る感じで、S&Wリボルバーの絶妙なトリガーフィールとは程遠いです。

このまましばらく撃ちこんでみて、ダメだったらカート式に…ですかね?
Norio
2015年11月09日 06:55
PS・情報ありがとうございます。
ちょっとやってみます。

この記事へのトラックバック