JとK

といっても女子高生の事ではありません。(笑)

画像

S&Wのフレームサイズの事で、
このブログではおなじみとなった
マルイ・M19とタナカM442の事です。

JフレームのM442センチニアルは
小柄で持ち運びにも便利なんだけど、
小さすぎて何か物足りない部分があります。

それで実際撃つとなると、
ワンサイズ大きいKフレームのM19の方が
となるわけです。

先日いつもの屋外シューティングレンジで
マルイM19を調子よく撃っていると、
ハンマーをコックするとき突然嫌な感触が…。

その後は複数同時発射のショットガン状態。(苦笑)
調べてみると可動するはずの給弾ノズルが
動いていません。

早速現地で分解です。
原因は可動するノズルの支点となる
ダイキャスト製のパーツが折れた為でした。

まあDAでのトリガーの引き切りの重さや
SAでのハンマーをコックする際の抵抗感から、
無理がかかっているんじゃないかとは思っていましたが…。

帰宅してから修理をしようとパーツリストを見てみたら、
な、なんとこの部分はフレーム一体でしかパーツが出ない箇所!
フレームは送料込みで¥6669。(ぐぬぬ…)

正直この価格帯の銃に
そこまでお金をかけて修理するかといえば、
どうでしょうねぇ。

また修理したとしても再発の可能性だってあるワケですし、
コレはコレで寿命だったとあきらめるしか…。

ただS&WのKフレームはお気に入りなので、
別の銃をロッカーから引っ張り出す。

画像

コクサイのM19・2.5インチHW(モデルガン)
さすがにこっちは長年使っていても故障知らずで、
手元に置いて装弾・排莢したり空撃ちしたりしています。

くっそー、腹いせにコクサイのKフレーム
もう1挺買っちゃおうかしらん?


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

Pickles
2016年03月28日 18:34
なんと!
東京マルイのテッポーが壊れるとは思わなんだ!
ダイキャストパーツが折れるってーのも相当負荷が掛かってるんでしょうけど、アッセンでしか出ないってのは…??
壊れたときはフレームもヤバいって事なのかな…?

というワケで(何が)、マルシン、マルイ、タナカ、とガスリボルバー続いたので、お次はクラウンM19、いかがでしょう?(笑
Norio
2016年03月28日 19:09
Picklesさん>
東京マルイのテッポーでも壊れるときは壊れるんですヨ。
あのトリガーの引き切りの重さから、給弾システムに無理がかかっているとは思っていたけれど、こんなに早く壊れるとは…。

可動ノズル廻りはフレームに接着というカタチで組み付けれれているので、そのせいで単品パーツが出ないんだと思われます。

クラウンのリボルバーですか。
正直今は「リボルバーはモデルガンに限るナ」とか思っているので、ナシかなぁ~(笑)
wk
2017年01月20日 14:11
こんにちは。
マルイのM19のノズル周りは弱点ですよね。
旧型もフレームのカバー剥がれで動かないのが多かったです。
新型もイマイチ君でしたが。(組み立て下請けに頼めなかった時期のマルイ全機種が不良率高いみたいです)

この記事へのトラックバック