生産終了…?

画像


販売店情報だと我が愛機Ninja250SLは
2017年でカタログ落ちするらしい。

小排気量ライトウェイトスポーツなんてのはニッチでコアな層向けであって、
いつの時代でも主流になれず冷遇されていた存在とはいえ
なんつーか、寿命が短すぎっ!
(東南アジアでは継続して生産・販売されるらしいですが。)

免許取り立てに近い若者ならば、
同じ250ccでも車格があって馬力も上なツインの方を選ぶだろうし、
そもそも最近の250ccクラスは初心者向けの色合いが強くて
中年以上のベテラン勢には購入対象として映らないでしょう。
(あくまでもファーストバイクとして。)

このバイクの主な客層は大型バイクに乗っている40~50代が
セカンドバイクとして買うってのが一番多いそうで、
自分もその中に含まれているから何も言えん。(笑)

まあ乗っている身からいっても
このバイクは「所有欲を満たす」という面においては、
あまり高得点を付けられません。

乱暴に言ってしまえばこのバイクは125ccクラスの車体に
250cc単気筒エンジンを載せたバイクでして、
車体廻りの作りも原二クラスのソレで
はっきり言えば「安物」です。

ディメンションはよく考えられているけど、
乗ってみても眺めてみても、
「金かかってんなぁ~」と思える部分はほとんど無いです。

だからといって安物だからダメって事ではないのがバイクの面白さで、
このバイクの場合、安物なりにうまく高次元でバランスしていて
乗り味も、チープさよりも軽快感や痛快さが上回っています。

デザインも大型SSのエッセンスを
うまく250ccのライトウェイトスポーツに落とし込んでいて、
可愛らしさを狙ったとは思えないデザインなのに、
そのサイズゆえに可愛らしく感じさせます。

個人的には自分の理想形に限りなく近いバイクで
それゆえに一部のコアな客層にしか受けないから、
販売面では苦戦するだろうとも思っていたので、
この事態はやむなしとゆーか、
むしろ短期間であっても国内販売してくれた事に感謝…かな?

画像

本来ならメインマシンのはずが
250SLを買って以来出番が無くなったGPZ900R。

今日はひさびさに乗ってみたけど、
エンジン・車体ともなんつーか昭和な感じがイイですネ。
おなじNinjaでありながら、まったく違う乗り味です。(当たり前だけど)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック