マフリャ~交換

画像

やっぱりノーマルマフラーのデザインに我慢できず
交換しちゃいました。(笑)

フルエキじゃなくてスリップオンだから交換も簡単・楽ちん。

画像

WR'Sのラウンドタイプ。
「スーパーライト」なので軽量化にこだわって
カーボンサイレンサー仕様です。

さっそく試乗してみると想像してたよりかなり音がデカイ。(汗)
いちおう騒音規制対応品なんだけどなぁ。

アイドリングや低回転ではドコドコと重低音、
そのまま上まで回していくと音がつながっていく感じです。
元々高回転型シングルなので上の伸びが気持ちいいとゆーか、
なかなか気分を高揚させてくれます。

とはいえスリップオンマフラーなので、
実際の性能的にはノーマルマフラーと大差は無さそう。
(変化するようだったら、燃調や点火のマッピング変更しなきゃなんないし。)

ご近所まで戻ってくると爆音に気がねして、
アイドリング+αの忍者モードでソロソロと走る私であった。(笑)

Ninja250SL  SLIP-ON(ラウンドタイプ)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

Pickles
2017年07月04日 22:44
前回の予告が今真実に!(笑
ま~、こおゆうのって軽量化メインだし~(笑笑
あ、いや、最近の車種ではデザイン面のが大きいのかな。
シニア勢(苦笑)から見たら突飛なデザインの多いし。
もしバッフル入れるとしたらアレすか、コーラの缶に穴ブスブス開けて突っ込み~のなカンジ?(すみません(;^ω^)ゝ
Norio
2017年07月04日 23:05
Picklesさん>
何事もカタチから入るのが基本…です!(笑)
デザイン的に小振りなサイレンサーが良かったのでWR'Sに決めました。

軽量化は二次的なものだったのですが、マフラー単体で持ってみると重さの違いは歴然でした。
実際1Gでのリアの沈みも変化しましたし。

道路運送車両法だと現行モデルでは着脱式のバッフルはNGでして、このマフラーもバッフル入れようにもテール部分はすでにバッフル形状になっています。

この記事へのトラックバック