GLOCK 21

最近はサバゲーの世界から御無沙汰しているせいか、自分の中のエアソフトガンに対する評価基準が変わってきて以前は実射性能重視だったのが、最近では面白そうなギミックを搭載したモデルに興味が出てきたりしてます。

画像

マルシンのライブカート式グロック21は以前のカート式BLKガスガンから「どのくらい進歩しているのかナ?」と、ちょっと興味があったモデルです。

で、カタログデータを調べてみたら、装弾数がたったの6発って…。
まあマガジンのガスタンク容量との兼ね合いでいたしかたない部分もあるでしょうし、逆に装弾数を増やしてガス容量を減らせば、以前のカート式BLKのガスがンの様に作動が不安定になる持病をかかえる可能性もあるワケで、設計側も痛し痒しなんでしょう。

ちょっと前の日記に書いたマテバに較べれば比較的リーズナブルな価格設定という事もあって、購入方向へかな~り気持ちが傾いていますが、それ以前にオモチャの鉄砲に対する気持ちがかな~り褪めてしまっているのが大きな障害となっていたり。

う~ん、どうしようかな?


閑話休題
このブログ用に描き下ろしたイラストがかなりたまってきました。
しかしながら同人誌にしたりCDロムにしたりする予定も気力も無いので、そのうち大放出しちゃうかも?
もし原画が欲しいという方がおられましたら、下のコメント欄のメッセージを入れてね。

"GLOCK 21" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント