APSカップ練習会 in 山梨・KSC本社

画像

昨日の土曜日、山梨にあるKSC本社にてAPSカップの正式練習会が行われたので、ツーリングがてら行ってきました。

といっても競技に出られる手持ちの銃が無いので、あくまで同行メンバーの応援とゆーか、KSC社屋の中のモデルガン博物館見学がメインでしたが。(笑)

画像

(撮影は今回同行してくれたPicklesさん)

円筒形のホールの中の壁全面がすべてこんな感じ。
古今東西すべてのトイガンがここにあるといっても過言ではない。

画像

収まりきらなかった(?)銃達が通路の壁にまで…。

あまりの数に圧倒されて肝心のAPSカップの観戦がおろそかになってしまいましたが、今回の優勝者はコンバット誌のリポーターとしておなじみの石井氏でした。
(やっぱり射撃の腕は本物っスね~。)

同行の静岡勢は練習不足もあってイマイチ振るいませんでした。
(期待のFさんは仕事で睡眠不足まま駆け付けた状態でしたし)

まあコレは夏の本大会に向けて、これから猛特訓しかないでしょう!
(↑お前がゆーなって?)

でもAPSの競技は見てるだけより参加した方が面白いんじゃないかと実感。
私のバアイ、とりあえず競技に使える銃の入手からなんですが(←マテ)今回の会場に展示してあったKSC GP100Sが欲しくなりました。

画像

今までのGP100はやたらフロントヘビーだったり、ガリガリくんカラー(←マテ)のフレームが気に入らなかったりでしたがコイツはイイ。

ガス式の方が操作が一行程少なくてポカミスが少なくなるとはいえ、GP100はカタチ的にイマイチ食指が動かなかったのですが、コレはガスタンクが小型化されてバランスも私好みになっているし、なんといっても機関部の黒とコンペセイター&ガスタンクのブルーアルマイトと削り出し部分のコントラストがメチャメチャかっこいい~♪

でもお値段的な部分から、コレ買ってグリップをレフトハンド用に造り直したりとかだと…
う~ん、マルゼンAPS-3にレフトハンド用の木製グリップの組み合わせの方が現実的かなぁ。
(撃ち味とかはAPS-3の方が好みだし。)

でもカタチは断然GP100Sの方なんだよナ~。
コレは悩むぅ~(笑)

画像

今回会場に展示されていた銃の中で一番気に入ったのは、GP100のメカを使って造られた、M1カービンやMini14ぐらいのサイズの可愛らしい軽量カービン銃であるGR1000。

これは去年の練習会でも展示されていたヤツで、今年はアルミ削り出しのフルアジャスタブル・ストック付きの本格的競技用も展示されていたのですが、ライフルクラスに出場する予定の無い私にとっては、22口径の軽量バーミントライフルとかランチライフルを思わせるコッチの方に食指が動きます。

ベースがGP100だから遠射向きではないハズなので、スコープよりも軽量なダットサイトを装着してみたいですね。(展示品にはワルサーのオープンダットが装着されていました。)

アジャスタブルブルストック付きの本格的なのは、さすがにそれなりの値段になるので、コッチは普及版として低価格で出すとKSCの社長さんがおっしゃっていたので期待大です。

願わくばラミネート材のストックよりも樹脂一体成形のストックを付けてさらにコストダウン、価格はGP100+¥10,000ぐらいでっていうのは…無理かなぁ。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

Pickles
2009年05月31日 14:43
お疲れさまでした。

正しく「殿堂」でしたね~(ホウ
休日に一般開放できる施設であれば聖地と化すことマチガイ無しと思われますが(笑
参加者の方々の探究心(優勝者さんの銃への黒山)にもビックリでした(^^)

GP100Sは凄かったですね、銃を極限まで純化するとこうなるのかと、カルチャーショックです、僕にとっては(^^;)
GR1000を構える少女の写真は某誌に載るのかな・・・?(笑
Norio
2009年05月31日 21:20
Picklesさん>
スゴいよ、スゴいよ!」と言われても、私も行くまでは「「ホントかな~?」と半信半疑だったのですが、ホントにスゴかったっス。
(会長、疑ってゴメン・笑)

ほんの少し、たとえ1点でも点数があがるのならば、努力を惜しまない「良い意味での貪欲さ」が、結果としてよい競技銃を生み出すのです。

APS-3にも同様の雰囲気はあるのですが、GP100“S”に関してはプラスアルファの「何か」がある気がして、ソコにも惹かれるんだよなぁ。

>GR1000を構える少女
彼女がライフルを構えたとたん、さっとカメラを向けてフィルムにおさめてしまうあたり「さすがプロカメラマンだよナ」と関心することしきり。

まあオジサン連中が構えているトコより、可憐な少女が構えたほうが明らかに絵になるのは、動かす事のできない事実ではありますが。(笑)
神雅紀
2009年05月31日 22:17
>GP100S
AP,GPシリーズのレフティバージョン発売のラブコールを送っているオイラが来ましたよ。
今はAPS-1を兼用グリップで誤魔化してますけど、いずれはGP100のレフティが欲しい。

>殿堂
あー山梨出張の時に寄り道すれば良かった~(マテ)

>GPライフル
うぉぉぉ、そいつは良いっすねぇ。
チェンバー構造は判っているので、HOP化は出来そうですから……
ちなみに私は「ノンホップより弱ホップの方が弾道が安定する派」です。
Norio
2009年06月01日 19:38
神雅紀さん>
モデルガン博物館、普段は一般公開していないそうなんで、このチャンスは逃せないとばかりに行ってきました。

GP/AP用のレフトハンド・グリップ、KSCさんにちょっと訊ねてみたトコロ販売の予定は無しなんだとか。(泣)

サードパーティーから出るのを待つか、もしくは自作という道しかないのか…やっぱりAPS-3かなぁ。

高精度な小型ライフル(カービン)は以前から欲しいと思っていたんですよ。

タニオコバのルガー10/22ライフルあたりも欲しいといえば欲しかったのですが、いかんせんあの値段では購入までのハードルが高かったもんで。(苦笑)

この記事へのトラックバック