スーパーGT第4戦・セパンサーキット

画像

紫電が勝った───っ!!

前日の予選スーパーラップでは加藤寛規がトップタイムをたたき出したものの、レギュレーション違反で失格(予選タイム剥奪)、本戦は最後尾スタート。
(どうもウェイト搭載位置だか固定方法が引っかかったらしい…凹)

でも依然として今回の300クラス最速マシンである事には変わりなく、フリー走行では2番手の雨宮7を1秒以上引き離すダントツのタイムを出す。

本戦も順等に行けば上位に追いつく可能性大なのですが、前回の富士も予選の時にパワステが壊れて後方からのスタート、それが最後まで裏目に出て決勝ではトラブルに巻き込まれたりで、途中トップグループ並みのタイムで走っているにもかかわらず下位に沈んだから、その辺はちょっと心配。

フタを開けてみればファーストドライバー・加藤寛規の快走で中盤で早くもトップに。
後はセカンドドライバー・吉本大樹がさらに後続を引き離して圧勝。
最後尾からの逆転優勝劇でした。

2位はウェッズスポーツIS350・織戸学/片岡龍也。
3位に雨宮SGC7・谷口信輝/折目遼。

500の方はハセミ トミカ エブロ GT-R・ロニー・クインタレッリ/安田裕信が優勝。
2位はケイヒンNSX、3位にARTA NSXでした。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

うに
2009年06月22日 00:36
サーキット駐車場に面白いクルマ無かったですか?
Norio
2009年06月22日 20:01
さすがにGT観戦の為にマレーシアまでは行けないので、今回はネット情報のみの観戦(?)でした。

この記事へのトラックバック