ひのもとおにこ

画像

最近、某所で話題になっているので、ちょっと描いてみますた。(笑)

「日本鬼子」って中国が日本に対して使う侮蔑の言葉だとは知っていたし、なんでも「萌え擬人化」してしまう日本のオタクの習性も知っていましたが、まさかソレまで「萌えキャラ」にしてしまうとは…。
(自分でも描いていおいてこう言うのもナンですが・笑)

日本と中国の「鬼」に対する概念の違いはあれど、中国のネットユーザー達も侮蔑に対してこう返されてしまうと、どう反応して良いのかわからず戸惑いを見せている様。
中国に対して思い切り弱腰な政府やマスコミ共にはやることのできない、ウィットに富んだ冴えたやり方だと思います。

弱腰っぷりを見透かされて今度はロシアにもなめられている日本政府も、ちっとは見習って欲しいモンですネ。(←マテ)


PS・本日のブログ更新4回目で自己記録も更新。
とはいえ、しょこたんの記録にはまだまだ及ばないナ。(爆)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのコメント

Pickles
2010年11月03日 20:36
中国人にとって『鬼子』というのは一般的な侮蔑用語らしいんですが、以前の職場にたくさんいた彼らが「グイズ!」という時の表情を思い起こすととても笑って流す様な気分にはなれないんですよね。
ただ、それは相手の立腹を煽り、怒らせたことによる優越感を得るのが目的なので(つまり幼稚園児が友達をバカにしてるのと同じ表情なんです)、こういう彼らの想像とはかけ離れたアプローチを掛ける、バカにされたとすら取らない=思い通りにならない、と思い込ませるのは最上の方法ではなかろうかと。
しかも「萌え」って日本人にしか行使できない「魔法」ですからね(笑
Norio
2010年11月03日 21:51
Picklesさん>
自分の周りに中国人がいなかったのでわからなかったのですが、リアルで聞くとそんな感じなんですか。

「鬼」つっても日本じゃ「仕事の鬼」とか「オニすごい」(←マテ)とか決してネガティブな意味だけじゃないし、昔から萌えキャラの元祖ともいえる宇宙人な電撃鬼娘の存在もありますし。

海外オタからは「萌えいずる国」と評価されていますからね~(爆)
万一戦争になったとしても、聖地・秋葉原だけには爆弾を落とさないとかいう事態も起こりゆるかも?(←マテ)
神雅紀
2010年11月03日 23:34
>ウィットな外交

ロシアの大統領の乗った飛行機をF-15でエスコートしてあげるとか
Norio
2010年11月04日 23:05
神雅紀さん>
ほっぽうりょうど(←なぜか返還されない)問題は、歴史が長いぶんオタク達に解決させるのはムツカシイんじゃなイカな?

この記事へのトラックバック