秋の夜空を見上げてみれば

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081109-00000002-yom-soci
タナカのガスリボルバー、ペガサスシステムまでは知っていたけど
カシオペアまであったとは知らなんだ。(苦笑)

ニュースの内容から判断するにガスガンとしてのパワーが問題なのではなく、蓄気式カートリッジのお尻にある放出バルブを「叩いて」解放する構造が問題らしい。
(これはガスガンというよりも、プラスチック製のリボルバー型モデルガンの自主規制インサートを抜いたり、オート型のブリーチ部分を改造して後撃針としたりして「撮影用プロップガン」として売っている、怪しげなモデルガンの方が近いかも?)

これは20年ぐらい前にコクサイのM29で大騒ぎになった方式でして、タナカもそれを知らない訳じゃないはずなので当然対策はしていたのでしょうが、行政側とのその辺の解釈の違いがあったのではないかと

違法な高圧ガスを使用できる様にガスガンを改造するのに比べ、この方式は雷管に相当する物・弾丸を発射する為の火薬・ある程度のガスシール性をもった弾丸を金属カートリッジにセットして初めて殺傷力を持つという、きわめて技術的ハードルが高い方式なので犯罪に使用されるケースは稀なんじゃないかな。

昔から行政側との解釈の違いとかでグレーゾーンが多いこの趣味ですが、メーカーさんにはユーザーがそんな心配をしなくてもすむ様な安全な製品作りをお願いしたいです。
当然ユーザー側も「自分達の趣味」を守る為にある種の潔癖性が必要なワケですが。

画像

リボルバーのイラストとゆーコトでPCのフォルダ内から探してみました。

たぶんコレはその昔某C☆M誌の読者コーナーの挿絵として使用したモノ(だったかな?)で、10年以上前のイラストになるかなぁ。
まだアキバ系のメイド喫茶のメの字も生まれていない頃だったので、時代の先取りとゆーか、ある意味メイドブームの火付け役は私だったのでは…(←勝手にそう思ってろ!)

"秋の夜空を見上げてみれば" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント